保険施術と自費施術について

みなさま、こんにちは。

本日は、保険施術と自費施術の違いをご説明します。


整骨院といえば、保険を使って定期的に通って、揉んでもらったり、電気をあてたりするところという認識の人が多いと思います。

3割負担の方で窓口負担額は500円から600円くらい払うことが多いです。

(この一部負担額に骨盤矯正代などの自費施術代を上乗せしているところもあるみたいですね。)

整骨院によって違いますが、10分から30分くらい揉んでもらうことが多く、長い時間揉んでくれるところ、揉むのがうまいところが人気のようです。


これ全て間違った整骨院の通い方です。


整骨院は、仕事中以外で具体的な原因(転倒したなど)のある急性(慢性的=もう何年も痛いなどでない)の外傷に対して、その負傷した部位に処置をするところです。

簡単に言うと、昨日右足首を捻挫したので、右足首を冷やして固定した。

こういう場合にしか保険は使えません。

しかもこの場合は、右足首を捻挫しただけなので、保険施術の対象は右足首だけです。

しかしながら、保険請求が1部位だけでは入ってくるお金が安いため、足首を捻挫して転倒し、手をついて、右肩も捻挫して、その拍子で左腰も捻挫して…と受傷部位を盛ることも多いです。

仕事中の腰痛などは労災になるのに、プライベートで受傷したと偽るところもあります。


そのような不正な請求が横行しています。

みなさまもこのようなの税金を盗むような行為に加担されないようにしてくださいね。


話すと長くなるので、この話はこの辺にしておきます…。汗


さて、上記にも書いたように、保険施術は受傷した部位にしか施術できません。

腰痛によっては、足首の不安定性からきてるのに保険施術では足首に施術できません。

となると、根本原因に施術ができないため、また腰痛を繰り返すことになります。

そのため、毎日や2日に1回のハイペースで整骨院に通うことになります。


当院はそのような悪循環に陥らないように、自費施術で根本原因にアプローチしていきます。

保険施術は安いから良いと思っている方が多いですが、トータルで考えてみてください。

毎回600円 で約1時間使って、月に15回通って月15時間と9000円、これを一年間で180時間108,000円も消費して、得られるのはその場しのぎの施術効果だけだとしたらとてももったいなくないですか?(しかももっと大きな額の税金が使われています)

根本原因に施術して、腰痛・肩こりの再発を予防し、年間200時間近くを自分の時間にするほうがよほど経済的だと思います。

当院と一緒に卒業を目指して施術しませんか?


当院では、自分の家族や友人にしない施術は一切いたしません。

安心してご来院くださいませ。

通う」のではなく、「卒業する」のが目標のシリウス整骨院・鍼灸治療院です。

肩こり・腰痛・自律神経症状の方はぜひ八尾市弓削町のシリウス整骨院・鍼灸治療院へ

当院では、骨盤矯正はしません。詳しくは骨盤矯正についてのブログを御覧ください。

お電話&オンラインLINEでご予約お待ちしております。